• G+
Vol3.

Vol3. 防犯グッズの利用が空き巣被害を防ぎます



警視庁から2014年の6月に発表された2013年の犯罪情勢によると、空き巣などによる住宅への侵入件数は年々減少しているものの検挙率はあまり変わっておらず、他の知能犯や凶悪犯などにくらべるとまだまだ低いのが現状です。空き巣などの犯罪者は犯行を何回も繰り返す常習犯が多く、犯人が検挙されないということはまた犯行が行われる可能性が高くなっていると言えます。そのような状況ですから空き巣などの被害に遭うことを少しでも防ぐため、様々な防犯グッズが販売されています。また、古くなった製品でも必要とする方が多く、不要になった製品の買い取りを行う会社も増えてきました。買い取り市場でも注目されていて。当店でも買い取りを強化しております。さて、年々進化している防犯グッズを使って空き巣による被害を防ぐための対策にはどのようなものが考えられるでしょうか。空き巣は犯行を行う前に、目的の家に誰もいない時間はいつなのか、必ず下見を行うそうです。下見の方法はチャイムなどを押して留守を確認する、部屋や玄関の明かりが消えている時間をチェックすることなどが報告されています。空き巣の犯人は、常習犯になるほど顔を見られたり明かりに点いた家に侵入したりすることを嫌うそうですから、そんな傾向を考えると防犯グッズの中でもインターホンをカメラ付きのものに変えることや玄関にセンサーライトを設置するのが高い効果を得られそうです。また、侵入に時間がかかることも嫌うそうなので、鍵をピッキングしにくいものに交換することなども良さそうですね。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからの防犯グッズ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ